So-net無料ブログ作成

長野県に学ぶべき、安い医療費で日本一長生きする医療 ~BEST TIMES 4/5配信~ [人生・生活]

かつては「短命県」として知られていながら、男女とも長寿日本一を獲得した長野県。
ずっと昔から長寿日本一ではなく、昭和40年(1965年)には、男性9位、女性26位で、女性は全国の平均寿命を下回っていた。というのも、長野県は美味しい野沢菜漬けで知られるように、漬物文化が根付いていたため、塩分摂取量も多く、脳疾患や胃がんが日本有数に多い地域だった。

厚生労働省が平成22年に発表した『都道府県別生命表』によれば、長野県の平均寿命は男性80.88歳、女性87.18と男女ともに日本一。ちなみに全国平均は男性79.59歳、女性86.35歳で、最下位が男女ともに青森県(男性77.28歳、女性85.34歳)。

■「ささえる医療」で長寿日本一

この短命県であった長野の状況を改善すべく奮闘したのが、佐久総合病院の故若月俊一先生(1910年~2006年)。数十年前から若月先生が中心となって生活や食事を改善し、早期発見早期治療できる仕組みを作ってきた。
最も有名なのが、昭和34年に日本で初めて集団検診を実施した、八千穂村の全村健康診断。すべての村民に健診を実施し、病気を早期発見・治療するだけでなく、どうしたら健康になるかを村民に教えるために、面白い劇を演じたり、村民と酒を飲んで語り合ったりした。
すると、八千穂村だけ他の地域と比べて、医療費が安くなっていった。

この結果に続いたのが、長野県の医師、保健師などで、それぞれの地域で健診を馴染め、塩分を減らす重要性を教え、昭和46年には「保健指導員」なる制度まで始めて健康づくりを推進してきた。こうした取り組みの結果として、少しずつ住民の意識が変わり、予防と健康を意識する人が増え、医療費も減り、日本で最も長生きである地域となった。介護保険が始まる以前から、自主的に「ささえる医療」の取り組みを行い、長生きした人に対しては、医師、看護師、介護職、リハビリ職など他職種でケアを行い、地域を支えていた。
医者画像.jpg

■長野県は日本一長生きだけでなく、高齢者医療費が安い地域でもある

厚生労働省が発表している『平成26年度 医療費の地域差分析』によれば、後期高齢者一人当たりの実績医療費は79.3万円で、全国で6番目に低い。
だからと言って、長野は十分な医療を受けられないわけではない。地域全体として健康意識が高く、予防を心掛けているからこそ、医療費を抑えつつ長寿実現することができている。
高齢化が進んだ地域では、医療の充実が必ずしも人の健康や長寿に関係しないことが、長野県の例を見てもわかる。

長野県を日本一長生きである地域に押し上げたのは、高額な医療費でもなければ、専門医療や医師の充実でもない。若月俊一というたった一人の先生が60年前に始めた運動である。その運動がタンポポの種が広がっていくように長野中に広がった結果である。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0