So-net無料ブログ作成
検索選択

「居・食・住」の変革で、地方移住はもっと進む ~東洋経済オンライン2015.9/17~ [移住関係]

――実際に福岡に移住し、現在は移住希望者へのサポートを行う『福岡移住計画』の代表としても活動する須賀大介さんに話を伺った。

東京は大きすぎてコミュニティが分散する。そのため活動が匿名的になりやすい。いくら頑張っても、その人の名前が表に出ることが少ない・・・それが福岡のコミュニティ規模だと、一人ひとりの責任が見えやすいから、「街をよくしていこう」というマインドが育つと思う。

東京ではハイコストの中でビジネスをしているので、コストを稼ぐだけの売り上げ・利益を生むためには物量も多くこなさなければならない。どうしても長時間労働になりがちで、暮らしが仕事に支配されているような感じだった。福岡に移ってからは、程よい仕事量を短時間で効率よく行うというスタイルに変わり、ストレスも少なくなった。
ここでは仕事の合間に海に入ったり、みんな釣りをしたりして、東京では絶対にできなかった働き方を実現できている。波間に漂いながら新しい構想を練ったり、釣りをしながら情報を共有したり。考える時間も増えた。

シェアオフィスにはいろんな業種・職種のメンバーがいるが、そのコラボレーションで面白いものも生まれている。今宿はほとんどが移住者で、自然と共生しながらビジネスでも成功したいという人が多い。価値観が似た者同士だと、コラボレーションも生まれやすい。1社だけでは生まれない可能性が作れると実感している。

糸島の拠点に併設したゲストハウスでは、イベントやワークショップ、自然共生型の合宿なども実施し、そこから新たな事業も生まれている。東京で仕事をしていたときには考えられなかった展開で、事業の発想も伸びやかになった。

RISE UP KEYA(S).jpg
福岡のコワーキングスペース「RISE UP KEYA」

あくまで民間主導にこだわり、具体的には「居」・「職」・「住」をサポートするチームを現地に置き、行政には後方支援という形がベストと考えている。行政主導だとその土地に長く住み続けてもらうことが目的になるが、民間のネットワークであれば、転勤になった時や移住したものの合わなかった場合にも、他のエリアで受け皿を探すことができる。本当に住みたい所で生きていくことを支援することができる。

金・地位・名誉では、なぜ人は満たされない?~仕事を通じて幸せを得る方法~ DODA INTERVIEW 2017.4.13 [人生・生活]

社員を幸せにできない企業は、これから生き残れない。だとすれば、「幸せのメカニズム」をしることがこれからのリーダーには必要である…慶応大学大学院 前野隆司教授

――働くという観点から幸せを考えると、成果を上げることで地位が向上し、インセンティブを得られるということも幸せの一つだと思う。けれども、それではなんとなく「満たされない」という思いを抱えている人もいる。これは一体どういうことなのか。

仕事によって得られる金・地位・名誉などは、短期的な幸せの象徴のようなもの。そしてこの短期的な幸せというものは、もともと長続きしないように、人間の心はできている。
なぜならこれらは人と戦って、勝った結果得たもの。次に備えなければ、また新たな脅威がやってくるかもしれない。だから、「まだ足りない、もっと欲しい」と求め、いつまで経っても満たされないように、脳ができている。
一方で長期的な幸せというのは、人びととのつながりやコミュニティ、共同体を通して得られる幸せ。利他的に求めるものといえる。これは安定的に幸せを感じられる。自己保存ではなく、自分たちの集団の遺伝子を残したいという本能に基づいているので、安定的である。真の幸せはこちらであるといえるのではないか。

今は、特に若い人があまり地位や金を求めなくなってきている。それだけを求めるのは時代錯誤で、大切なのは人とのつながりから得られるもの、つまり「関係性」だと、暗黙裏に気づいているのだと思う。

海外では、個人の幸福度と企業での業績は比例するという研究結果もある。家庭や職場で過ごす毎日が充実していると、欠勤率や離職率が低く、生産性や創造性が高くなる。
幸せな人は、会社に貢献できる人材だから、欠かせない戦力として頼られたり、感謝されたり。そうしてますます人とのつながりを感じられるようになる。そうやって人が幸せを感じられるのには「メカニズム」がある。

★「長い幸せ」を感じられる人の資質や行動にある共通点
①「やってみよう!」…自己実現と成長
 自らの強みを活かし、社会的要請に応えて成長しながら自己実現を果たしている

②「ありがとう!」…つながりと感謝
 人とのつながりを尊重し、感謝や親切心、愛情を持って人の役に立ちたいと思ってい

③「なんとかなる!」…前向きと楽観
 楽観的で失敗してもくよくよせず、自分を認めながら積極的に周囲と関わっている

④「あなたらしく!」…独立とマイペース
 自分と周りを比較せず、自らの信念を貫いている

「駒ヶ根移住準備」訪問記① [移住関係]

今回は8月中旬移住の準備のため、4泊5日(5/2から5/6)と少し長めの滞在でした。宿泊は、駒ヶ根に二拠点移住されている水野さんのお宅を借り、そこを拠点に活動しました。
移住の一番の問題は、やはり「仕事」です。これが決まらなければ話になりません。幸いにも、現職の延長線での仕事があり、駒ヶ根市役所に相談し就職の段取りをしてもらい、目途がついたので一安心(^-^)
住まいは賃貸と考えているのでわりとのんびり構え、不動産屋(織井不動産・サンポー)に目ぼしい物件を3件ほど見せてもらいました。移住まで3ヶ月余りあるので、物件を決めるのは次回の訪問で・・・

この時期、本来であれば駒ヶ根の桜は終わりですが、光前寺のしだれ桜は、私たちを待っているかのように、花をつけていてくれました(^^)/
光前寺桜_R.jpg
中央アルプスにもまだ雪が残っており、駒ヶ根高原から見るその雄大なたたずまいは素晴らしかったです(^O^)/
駒ヶ根高原_R.jpg

私は、魚が好きなので(ここに来て、それは無いだろうと思われそうですが(^-^;)、スーパー巡りをして物色してみました。あくまでも主観ですが、西友の魚が良かったので、刺身を買って食べました(^^♪
駒ヶ根に移住するからには、この地域の歴史を知ろうと駒ヶ根市立図書館に行き、それらしい書物を発見しました。駒ヶ根市と教育委員会が長い年月をかけ作成した歴史書は、戦国時代から現代(昭和50年頃まで)に至る、超、ちょ~う大作でした(*^▽^*)。何冊もある歴史書の目次すべて、気になる項目を数点読んだだけで、優に1時間を超えていました(^-^;

駒ヶ根の中沢に住んでいる、果樹農園を経営している安藤さんご夫婦には好意にしていただいております。最近ご自宅のキッチンリフォームし、実際にお邪魔し見せて頂きました。オーダーメイドで素材にもこだわり素敵な作り、使い勝ってのよさそうな間取りで、料理をすることが楽しくなりそうなキッチンでした(^_-)-☆
ひねもす_R.jpg
その後、安藤さんご夫婦と飯島町にあるお蕎麦屋「ひねもす」に行きました。ゴールデン・ウィークということもあり、午前中ですでに完売!お蕎麦の取り置きをしていたので、美味しい十割蕎麦をいただくことができました。生まれて初めて塩で蕎麦をいただきましたが、シンプルな塩の味により蕎麦の香りを堪能できました。また、くるみをすり潰し(荒くするのがGood!)たれにまぜ、これを蕎麦にからめて食べると、くるみのコクと絶妙な食感がとても絶品でした(^O^)/
ひねもす02_R.jpg

JR飯田線_R.jpg駒ヶ根には、JR飯田線が走っていますが、だいたい1時間に一本くらいです。移住後もほぼ利用しない(普段は車、東京名古屋方面も高速バスを利用)と思ったので、この機会に伊那市にある「うしお」のローメンを食べに、電車で行きました。羊の肉と野菜を炒め太麺で、こちらはスープ無しなので焼きそばのような感じでいただきました。調味料のトッピングは酢と一味唐辛子が合うかな(^-^)
うしお_R.jpg
駒ヶ根市駅前にある公衆便所に、少し変な張り紙がありました。
それがコレ[↓]、「目的外使用」とは?いかに・・・
伊那市公衆便所_R.jpg

今回の訪問の主目的は、「移住準備」でしたが、観光・温泉グルメ三昧!?という感じでした(^-^; お陰で骨休みにもなり、のんびり過ごすことができました。そして、駒ヶ根の良さを改めて感じることができ、3ヶ月後の移住がますます楽しみになりました(^O^)/
次回は6月中旬に訪問し、仕事そして住まいを確定する予定です。